沿革 / 航空機の非常用装備品の点検・整備なら日本航空高圧株式会社 JAPCOへ

沿革

企業情報

沿革

1970年10月岩槻市(現さいたま市岩槻区)相野原211-1にて高圧ガス製造、高圧ガス容器再検査所として、資本金1,700万円にて創業。航空機用高圧ガス機器の製造、オーバーホール業務を開始。
1997年 2月米国運輸省(DOT)認定作用機再検査所登録(No.C977)
2000年 4月資本金を9,520万円に増資。
2000年 9月岩槻市(現さいたま市岩槻区)古ケ場2-1-8に本社・工場移転。
2003年 4月救命胴衣、ライフラフト、ヘリコプター用エマージェンシーフロートのオーバーホール開始
2003年 6月国土交通省航空局装備品修理改造事業認定を取得(No.122)
2003年11月ヘリコプター用消火バケツのオーバーホールを開始。
2006年 4月エスケープスライドのオーバーホールを開始。
2008年 4月さいたま市岩槻区古ケ場1-7-15にて分工場操業開始。

TEL 048-794-2521 受付時間:【平日】9:00~18:00 定休日:土・日・祝日

PAGETOP
Copyright © 日本航空高圧株式会社 All Rights Reserved.